05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

Nameless

  : 

一言:ボスを倒した。繰り返す、ボスを倒した(ブラッドボーン)

「覚醒」のサントラが復刻 

本日、「ファイアーエムブレム覚醒」のサントラがめでたく復刻されました(パチパチパチ

ディスク5枚組(うち1枚はデータディスク)でお値段3300円

プレミア価格(新品3万円とかふざけんな!)で手が出せなかった方々はこの機会に忘れずに購入しましょう



FE覚醒は1年ぐらいかけて2周遊んでいます

シミュレーションRPGというよりも恋愛シミュレーションRPGというジャンルの方がしっくりくる

歴代で一番売れた作品らしいですが、SFC時代の戦略要素満載のエムブレムが好きだと途中で投げ出すかもしれん。実際に序盤で投げ出して(この時は本当に面白くないな…って思った)、1年近く放置してました

敵AIがほぼ突撃一辺倒なので(数ターン後には全軍突撃が当たり前)、過去作のように少しずつおびき寄せて撃破して進軍するような場面はほとんどない。新しい作品が発売されるにつれて敵AIの頭が悪くなっていく

仲間との支援会話だけは面白かった。私はこれだけが楽しみで遊んでいましたからね

聖戦の系譜では果たせなかった親子の共闘が可能です。親世代はでカップルが成立すると成長した子供たちが未来からやってきます

未来から過去へは来れるけど、過去から未来へ戻れる保証はないとか言ってたかな。平行世界の住人なので本当の子供とは言い切れないけど、自分たちの子供が二人存在する事になります

「聖戦の系譜」で例えるならば、シグルドとディアドラが結ばれると未来から成長したセリスがやってくるようなものです。生まれたばかりのセリスもいるので同じ世界に2人のセリスが存在するってことですね

まあ、親世代が年齢を重ねてからの共闘だと「封印の剣」のエリウッドとロイ(もしくは、ヘクトルとリリーナ)のような関係になってしまいますからね。マムクートでもない限りは、男はともかく女は悲惨


死んだはずのキャラクター(敵含む)が何故か生きていてしかも仲間に加わったりします

なんでお前生きてんの??状態

暗黒皇帝と化したハーディンが実は生きていて仲間に加わるとか、死んだはずのアルヴィスが改心して仲間に加わるとか、そんなレベルの話

ご都合主義的な展開が多いのもいまいちハマれない理由の一つでしょうね

新品のゲームソフトが2,3本買えるぐらいの量のDLCが配信されているのも到底納得できない


「外伝」「聖魔の光石」「ティアリングサーガのホームズ編」のようなフリーマップ要素があるので、時間をかければ好きなキャラクターをいくらでも育成可能です

高難易度では遊ばない方が身のため。運要素が大きすぎて戦略もくそもないです。敵がほぼ突撃一辺倒って時点でシミュレーションの部分が破たん気味なんですけどね

結局のところ、ファイアーエムブレムは「紋章の謎」「聖戦の系譜」「トラキア776」に限るという結論に至る

DSで発売されたリメイク版はキャラクターの顔グラフィックがとても残念なんで却下

次女スキーの俺、おおいにショックを受ける



「ファイアーエムブレム 紋章の謎」 より 「聖戦」




最初から最後までシリアスな展開が続く手強いシミュレーションだったのは昔の話

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oratorio4th.blog72.fc2.com/tb.php/2493-07c5c73a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top