07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Nameless

  : 

一言:おヒマ?

ドラゴンクエストⅩ 69回目 

どことも知れぬ草原で倒れていた弟はそこでイッショウという錬金術師と出会う

錬金術が使えなくなっているオッサンの代わりに、メラゾ熱という病気にかかっている娘の治療薬を錬金によって作り出す

以後、オッサンの家に居候しながらこの島に眠る錬金術に関する宝を求めて日々精進

それが故郷エテーネに繋がる道と信じて


目的はこの島に点在する祠を巡って故郷へ帰る方法を探すといったところかな

祠に入るには鍵が必要で、その鍵の材料となる素材は祠の洞窟で手に入ります。レシピも同じ場所で手に入る

攻略する順番は決まっていて、素材集めのための祠→ボスのいる祠→素材集めの略の繰り返し

酒場でサポートを無料で雇うことができる

最初は誰も登録されていないんだけどね。町中で発生するクエストをクリアすれば、そのクエストの依頼主が雇えるようになる

クエスト達成に必要なアイテムは全て錬金釜で作成する必要あり

クエストは3つ(3人分)ずつ増えていく。増えるタイミングは祠の最下層で鍵の素材を入手したりボスを倒した後に町に戻ると依頼者が町に現れる

オンラインモードとの違いは、採取ポイントの復活タイミングや拾える数。後は敵の強さですかね

町に戻ると必ず採取ポイントが復活するのかな。あとは時間経過(10分ぐらい?)で復活する

オンラインだと1~2個しか採取できないけど、大体どこの場所も3~5個ぐらい拾える

敵の強さはオンラインモードとは別物と考えていいです

一番最初の祠(LV3程度)にみずたまドラゴンがいたり、LV8ぐらいでゴーレムとやりあったりします

エンカウントタイミングがオンよりも早いので、連戦しやすいようになっています。移動速度が滅茶苦茶速いので一度見つけられると逃げるのは困難。ゴーレムですらとんでもないスピードで襲ってきます

メタル系の敵は誰かのお供としてではなくて、シンボルそのものを肉眼で確認できます



まあ、オフラインモードはオマケ程度と考えていいです

6時間程度でクリア可能

土曜日の夜に課金が切れてからちょくちょくやっていて、日曜日の夕方頃にクリアできました

錬金で作成できる物だと、魔法シリーズと破邪の剣が最強装備になります

オフだと装備条件はなし。武器は片手剣とスティックが装備可能。覚える魔法は旅芸人に近いと思います。ズッシードとかも覚えるけどね

姉と違って弟は万能すぎる

クリア時のレベルは17.魔法シリーズの装備を作る素材がなくて銀装備一式だった

ボスは最後の1体を除けば他はオンラインモードのどこかのフィールドで確認できます

最後の1体=他のナンバリングタイトルの錬金に関する…略

弟が無事に故郷に戻れたかどうかは秘密

知らない方は実際にプレイして下さい

オフラインモードをクリアした後にオンラインモードで遊ぶとイベントが発生(これが気になって課金しました)

イベント終わった後は涙ボロボロでしたわ…

今後の大型アップデートでレンダーシアが解放されれば登場する可能性があるかもしれません。けど、登場するとなると…


とりあえず、オンラインでレベル上げに飽いている方は気分転換にやってみて下さい


c

d





過度なネタバレがOKな方は続きからどうぞ↓


ネタバレすると

弟が飛ばされた場所は過去のレンダーシア

島にある最後の祠を抜けた先(未開の地)にエテーネがあります

時代はエテーネにいたアバ様(巫女)がまだ子供の頃

元の世界に戻る手段がないので、弟はこの時代で生きて行く事になります

ちなみに、本編(オンライン)で登場するホーローはアバ様の世話係?として登場しているので、エテーネの民の1人ということですね

オフラインクリア後にオンラインに繋げると、弟から姉へ感謝の言葉とOPで作成した「ごきげんなぼうし」を贈ってくれます

台詞を読む限りではオンラインでの再会はないのかな…

最後の「姉ちゃん、大好きだよ」の台詞で涙ボロボロ







オンラインゲームは自動セーブゆえに、イベント前に別枠でセーブデータを残してあとから再度観るといった方法が取れないのが本当に残念です
ドラクエ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://oratorio4th.blog72.fc2.com/tb.php/1923-1a4c3340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top