03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Nameless

  : 

一言:

ヘラクレスの栄光BOXの発売はまだですか? 

発表からそろそろ8ヶ月か…

その後、音沙汰なし

大丈夫とは思うけど、シリーズを出していたデータイーストは既に潰れれていて利権関係が複雑になっていそうだから難航しているのかな

DSで発売された「魂の証明」は何故か省られている

戦闘のテンポが死ぬほど悪いわ(攻撃魔法を使う=タッチペンを使わせるのも原因の1つ)、ストーリー進めると以前訪れた街に行けなくなるわと酷評したくなるけど俺は好きなんだよ

この作品だけ発売:任天堂になっているから利権関係だろうなぁ…スマブラforWiiUにBGMが収録されているから、そういう事なんでしょうね

期待させるだけさせておいて、幻想水滸伝(※)の二の舞だけはマジで勘弁な
(※Complete BOXの発売が決定するも、その後発売中止ですよ奥さん)


ヘラクレスの栄光Ⅳ「地平線の彼方」




シリーズの中では「魂の証明」のBGMが一番好きなんですよ(苦笑)

がんばれゴエモン さうんど玉手箱 ~オリジナル・サウンドトラック BOX~ 

「がんばれゴエモン」シリーズのサウンドトラックBOXが発売されます

2017年5月26日発売
定価 14500円(税抜)/ CD10枚組

詳しい情報は egg music のサイトで確認して下さい


全部で15タイトルが収録されるそうです↓

・Mr.五右衛門(アーケード版)
・がんばれゴエモン!からくり道中 (MSX2版)
・がんばれゴエモン!からくり道中 (FC版)
・がんばれゴエモン2 (FC版)
・がんばれゴエモン外伝 きえた黄金キセル (FC版)
・がんばれゴエモン外伝2 天下の財宝 (FC版)
・がんばれゴエモン さらわれたエビス丸 (GB版)
・がんばれゴエモン 黒船党の謎 (GB版)
・がんばれゴエモン 天狗党の逆襲 (GBC版)
・がんばれゴエモン もののけ道中飛び出せ鍋奉行 (GBC版)
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻(SFC版)
・がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス(SFC版)
・がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め(SFC版)
・がんばれゴエモンきらきら道中 僕がダンサーになった理由(SFC版)
・それ行けエビス丸 からくり迷路 消えたゴエモンの謎!!(SFC版)
+ボーナストラック! コナミ ワイワイレーシング アドバンス

結構な人気があるにも関わらずゴエモンシリーズでサントラ化したのはほんの数作品。今回収録されている曲のほとんどが初音源化だそうです

30代のオッサンオバサン連中には懐かしいタイトルばかりじゃなかろうか

版権を持っているコナミが現状アレな状態で続編を希望するだけ無駄なので、こうして過去のタイトルがサントラ化するだけでも奇跡だと思いますね

BOX価格なので高いですけど、1タイトル=1000円と考えれば非常にリーズナブルかと

過去の経験(魔界村シリーズのBOX)からしてこの手のBOXは再販されることはないでしょうから、買う予定の方は早めに予約した方が良いですよ

過去に魔界村シリーズのBOXが今は亡き「たのみこむ」サイトで限定販売され、1万円という価格に躊躇して購入を保留にしていたら生産終了するわ、「たのみこむ」がサービス停止するわと最悪な結果を迎えてしまった

買わなかった事を今でも後悔しています

あの時は同時期にブレスオブファイアシリーズのBOXが同じく1万円で発売されて、こっちの方を優先してしまったからなぁ…ブレスのBOXは買っておいて本当に良かったわ

ゴエモンのBOXを買うかどうかはちと不明。なんせ購入予定になかった高額商品なので。
(※今年は「ヘラクレスの栄光BOX」というとんでもない物が控えているという理由もある)

ゴエモン2(FC)とSFCで発売された4作品(ゆき姫~きらきら道中)は、これでもかって言うぐらい遊んだから欲しいけどね

ゴエモンシリーズの中で特に好きな曲はゴエモン2(FC)の曲全般・外伝2のハイパー面相(ラスボス)戦・きらきら道中の”惑星インパクトを救え”の曲かな(笑)





これが究極のスポーツ”せっぷく”なのかー!

27曲目 

未プレイ。そして、このような作品がある事すら知りませんでした


「Shovel Knight」 より 「In the Halls of the Usuper」



YouTubeで「1001spikes」の音楽を聴いている時に、次の動画の一覧の中に表示されていて「これ何だろう?試しに聴いてみようかな」がキッカケ。このゲームとの出会いは偶然が招いたという訳です

1曲聴いて確信しましたね

あぁ、これは絶対面白いだろうなっと

「1001spikes」の時もPVで流れている曲から「これは絶対に面白い!」という妙な確信を抱いたので、あの時と同じように今回も自分の直感を信じております

今のところ、Steam(英語版のみ)・PS4・PS3・PSVitaで配信中らしく、今年の6月に3DS・WiiUでも配信されるようでして、WiiU版の発売にあわせてショベルナイトのamiiboも発売のようです

WiiUは所持していないので、3DS版の配信が始まれば間違いなく買いますね

1001spikes→洞窟物語→Shovel knightという流れからレトロゲーに回帰しつつある自分がいる

仮に「Shovel knight」が面白すぎて「1001spikes」同様にここで鼻息荒く熱く語っても誰も興味を持たないんだろうな(苦笑)



PVが見当たらないため仕方なくプレイ動画を貼ってみる
遊ぶ予定のある方は観ない方が賢明です(俺含む)





最新のゲームには興味が湧かないが、レトロ風ゲームには興味が湧く30代であった

「覚醒」のサントラが復刻 

本日、「ファイアーエムブレム覚醒」のサントラがめでたく復刻されました(パチパチパチ

ディスク5枚組(うち1枚はデータディスク)でお値段3300円

プレミア価格(新品3万円とかふざけんな!)で手が出せなかった方々はこの機会に忘れずに購入しましょう



FE覚醒は1年ぐらいかけて2周遊んでいます

シミュレーションRPGというよりも恋愛シミュレーションRPGというジャンルの方がしっくりくる

歴代で一番売れた作品らしいですが、SFC時代の戦略要素満載のエムブレムが好きだと途中で投げ出すかもしれん。実際に序盤で投げ出して(この時は本当に面白くないな…って思った)、1年近く放置してました

敵AIがほぼ突撃一辺倒なので(数ターン後には全軍突撃が当たり前)、過去作のように少しずつおびき寄せて撃破して進軍するような場面はほとんどない。新しい作品が発売されるにつれて敵AIの頭が悪くなっていく

仲間との支援会話だけは面白かった。私はこれだけが楽しみで遊んでいましたからね

聖戦の系譜では果たせなかった親子の共闘が可能です。親世代はでカップルが成立すると成長した子供たちが未来からやってきます

未来から過去へは来れるけど、過去から未来へ戻れる保証はないとか言ってたかな。平行世界の住人なので本当の子供とは言い切れないけど、自分たちの子供が二人存在する事になります

「聖戦の系譜」で例えるならば、シグルドとディアドラが結ばれると未来から成長したセリスがやってくるようなものです。生まれたばかりのセリスもいるので同じ世界に2人のセリスが存在するってことですね

まあ、親世代が年齢を重ねてからの共闘だと「封印の剣」のエリウッドとロイ(もしくは、ヘクトルとリリーナ)のような関係になってしまいますからね。マムクートでもない限りは、男はともかく女は悲惨


死んだはずのキャラクター(敵含む)が何故か生きていてしかも仲間に加わったりします

なんでお前生きてんの??状態

暗黒皇帝と化したハーディンが実は生きていて仲間に加わるとか、死んだはずのアルヴィスが改心して仲間に加わるとか、そんなレベルの話

ご都合主義的な展開が多いのもいまいちハマれない理由の一つでしょうね

新品のゲームソフトが2,3本買えるぐらいの量のDLCが配信されているのも到底納得できない


「外伝」「聖魔の光石」「ティアリングサーガのホームズ編」のようなフリーマップ要素があるので、時間をかければ好きなキャラクターをいくらでも育成可能です

高難易度では遊ばない方が身のため。運要素が大きすぎて戦略もくそもないです。敵がほぼ突撃一辺倒って時点でシミュレーションの部分が破たん気味なんですけどね

結局のところ、ファイアーエムブレムは「紋章の謎」「聖戦の系譜」「トラキア776」に限るという結論に至る

DSで発売されたリメイク版はキャラクターの顔グラフィックがとても残念なんで却下

次女スキーの俺、おおいにショックを受ける



「ファイアーエムブレム 紋章の謎」 より 「聖戦」




最初から最後までシリアスな展開が続く手強いシミュレーションだったのは昔の話

26曲目 

ベルセルクが再アニメ化されるそうですね

劇場用アニメなのかTVアニメなのかはまだ分かりませんが、狂戦士の鎧が出てくるっぽいです

ただ、その代償として夏頃まで漫画の連載はストップするそうですが…

10年かけて妖精島に着いた途端にこれかよ…単行本が年2冊発売されていた頃が本当に懐かしいぜ

アニメのキャストは劇場版ではなくて一番最初にアニメ化された時のキャスト(ゲーム版もこちら)が良いんだけど、果たしてどうなることやら…。


DC(ドリームキャスト)で発売された
「ベルセルク 千年帝国の鷹~篇喪失草の章~」 より 「Forces II」


原作者監修でゲームオリジナルの話

十数年前の話だからうろ覚えだけど、壁の近くでドラゴン殺し(剣)を振ると弾き返されていたと思う。ベルセルク化すると超高速で攻撃が可能で壁なんかも無効化していたと思う

ラスボスよりもゾッドの方が強かった記憶あり。ラスボスは大砲3発ぐらいで死んだような気がしないこともない

原作再現という意味ではPS2で発売された「ベルセルク 聖魔戦記の章」の方が再現率高し。グルンベルト戦は熱い


TVアニメ版OP「TELL ME WHY」




頼むから完結させてくれ。無理そうだけど…